Ubuntu 10.04にAndroid SDKをインストールする


AndroidアプリはWindows,Linux,MacOSで開発することが可能です。ここではUbuntu 10.04でのAndroidアプリの開発環境の構築方法を説明します。

Ubuntu 10.04でAndroidアプリを開発するには下記の環境を満たす必要があります。

  • Java Development Kit (JDK)
  • Android SDK
  • Eclipse
  • Android Development Tool(ADT)

詳細は続きからどうぞ。

JDKのインストール

まず、UbuntuにJDKをインストールします。
ですが、Ubuntu 10.04ではJDKが別のリポジトリに移ったらしく
そのままではインストールできません。
そのため、以下のようにレポジトリを追加してからインストールします。

# sudo add-apt-repository 'deb http://archive.canonical.com/ lucid partner'
# sudo apt-get update
# sudo apt-get install sun-java6-jdk

Android SDK

続いてAndroid Developersからandroid-sdk_r06-linux_86.tgzをダウンロードして展開しておきます。

ダウンロード後、適当な場所に展開します。
ここでは~/androidというディレクトリに展開しています。

# cd ~/android
# tar zxf /home/kenji/ダウンロード/android-sdk_r06-linux_86.tgz

展開後、android-sdk-linux_86/toolsのパスを通します。
~/.bashrcに以下の1行を追加して下さい。

export PATH=${PATH}:/home/kenji/android/android-sdk-linux_86/tools

追加した内容を適用するために以下のコマンドを実行しましょう。

# source ~/.bashrc

Eclipse

次にEclipseをインストールします。
Eclipseのサイトからeclipse-java-helios-linux-gtk.tar.gzをダウンロードします。

Android SDKと同様に~/androidに展開しましょう。

# cd ~/android
# tar zxf /home/kenji/ダウンロード/eclipse-java-helios-linux-gtk.tar.gz

ADTのインストール

次にADTをインストールします。
Eclipseを起動して「Help」 -> 「Install New Software…」を開きます。

「Add…」をクリックし、「Location」に

https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

と入力してOKをクリックします。

しばらく待つと「Developer Tools」が選べるようになりますので選択して「Next」をクリックします。

画面が進んだら「Finish」を押してインストールを完了させます。

Android SDKインストール

EclipseにAndroid SDKをインストールします。

Eclipseを起動して、「Window」 -> 「Preferences」を開きます。
「Android」という項目を選択し、「SDK Location」にandroid sdkのパスを入力します。

続いて、「Window」 -> 「Android SDK and AVD Manager」を開きます。
「Available Package」を開いて必要なパッケージを選択します。

ここでは全パッケージを選択してインストールします。

以上でインストールは完了です。

関連する記事:

No Comments