テキストデータをリスト表示する(WP7)


モバイル端末開発では、テキストデータの一覧を表示したい時などに、よくリスト表示を使います。
本エントリでは、WP7でのリスト表示の行い方を紹介していきます。

リスト表示にはListBoxコントロールを使用します。
上図スクリーンショットのサンプルを使用して、ListBoxコントロールの使い方を紹介してきます。

それでは続きをどうぞ。

1.Stringデータをリスト表示する

WP7では簡単にリスト表示できます。手順は以下の通りです。

1.ListBoxコントロールの配置(XAMLファイル)
2.リスト表示するテキストデータの設定(C#ファイル)

1-1.ListBoxコントロールの配置

ツールボックスからListBoxコントロールを配置します。
同時に、プロパティウィンドウにおいて、フォントサイズなどの各種設定値を入力しておくとよいでしょう。

代表的な設定値には以下の内容があります。
[table “85” not found /]

SelectionModeに設定する値の詳細は以下の通りです。
[table “86” not found /]

1-2.リスト表示するテキストデータの設定

1-1の設定内容でListBoxの配置ができました。
続いて、ListBoxへ表示するテキストデータを設定します。

ListBoxに表示するテキストデータの設定には、以下プロパティを利用します。
[table “87” not found /]

以下サンプルコードでは、
ItemsプロパティのAddメソッドを使用し、テキストデータ(String)を設定しています。(Line 10)

    public partial class MainPage : PhoneApplicationPage
    {
        // コンストラクター
        public MainPage()
        {
            InitializeComponent();

            for (int cnt = 0; cnt < 20; cnt++)
            {
                listBox1.Items.Add("sample " + cnt);
            }
        }

1-3.選択されたデータを取得する(hoge.xaml.cs)

ユーザーがリスト表示中のテキストデータをタップした時に呼び出されるメソッドに、
ListBox_SelectionChangedメソッドがあります。

ユーザが選択したテキストデータは、ListBoxクラスのSelectedItemに格納されています。

サンプルでは、ListBox_SelectionChandedメソッドを用いて、押下されたListBoxのデータをTextBoxに挿入しています。

        // Listener
        private void listBox1_SelectionChanged(object sender, SelectionChangedEventArgs e)
        {
            String select = (String)listBox1.SelectedItem;
            textBlock1.Text = select;
        }

2.Object内のテキストデータをリスト表示する

Itemsに設定する値は、文字列(String)のみだけでなく、
以下のクラスのように、ToStringメソッドを持ったObjectを設定することもできます。
この場合、リスト表示されるテキストデータはToStringメソッドでreturnした値になります。

        public class ListParamData
        {
            public String NAME;       // 名前
            public String PHONE;     // 電話番号
            public String TWITTER;   // TwitterId
            public long _ID;              // ID

            // コンストラクタ
            public ListParamData(String mName, String mPhone, String mTwitter, long Id)
            {
                NAME = mName;
                PHONE = mPhone;
                TWITTER = mTwitter;
                _ID = Id;
            }

            // 名前とTwitterIdの出力
            public String dump(){
                return "name:" + NAME + "(@"+ TWITTER + ")";
            }

            // ToStringメソッド
            public override string ToString()
            {
                // ToStringメソッドでreturnした値がリスト表示される
                return "" + _ID + " " + NAME;
            }
        }
    }

以下のスクリーンショットは、SelectMode=”Multiple” FlowDirection=”RightToLeft”を設定した場合の実行結果になります。

本エントリでは、ListBoxコントロールを利用してテキストデータをリスト表示する際の手法を紹介しました。
次回は、リスト表示に画像イメージやテキストデータを自由に配置する方法を紹介します。

関連する記事: