WebBrowserコントロールを使ってみよう


WebBrowserコントロールはWebサイトを表示するためのコントロールです。

このコントロールを使用することで簡単に任意のURLのWebサイトを表示させることができます。

またこの記事ではWebBrowserコントロールでJavaScriptを動作させるための方法も紹介します。

詳細は以下から。

WebBrowserコントロールを配置してみよう

WebBrowserコントロールはxamlを使用して簡単に配置することができます。

注意点として、Name属性を必ず指定しないと正常に動作しません。

下記はWebBrowserコントロールをxamlに配置したサンプルです。

[アプリ名].xaml

<!--LayoutRoot は、すべてのページ コンテンツが配置されるルート グリッドです-->
<Grid x:Name="LayoutRoot" Background="Transparent">
    <Grid.RowDefinitions>
        <RowDefinition Height="Auto"/>
        <RowDefinition Height="*"/>
    </Grid.RowDefinitions>

    <!--TitlePanel は、アプリケーション名とページ タイトルを格納します-->
    <StackPanel x:Name="TitlePanel" Grid.Row="0" Margin="12,17,0,28">
        <TextBlock x:Name="ApplicationTitle" Text="マイ アプリケーション" Style="{StaticResource PhoneTextNormalStyle}"/>
        <TextBlock x:Name="PageTitle" Text="ページ名" Margin="9,-7,0,0" Style="{StaticResource PhoneTextTitle1Style}"/>
    </StackPanel>

    <!--ContentPanel - 追加コンテンツをここに入力します-->
    <Grid x:Name="ContentPanel" Grid.Row="1" Margin="12,0,12,0">
        <phone:WebBrowser HorizontalAlignment="Left" Margin="6,6,0,0" Name="webBrowser1" VerticalAlignment="Top" Height="514" Width="444" />
    </Grid>
</Grid>

15行目~16行目でWebBrowserコントロールを配置しています。

任意のURLのWebページを表示させてみよう

配置が完了したら、今度はWebサイトを表示させてみましょう。

下図のようにTextBoxに入力したURLをWebBrowserコントロールで表示されるサンプルを作成してみましょう。

まずはWebサイトのURLを入力するTextBoxと表示させるアクションを行うためのButtonを追加します。

[アプリ名].xaml

<!--LayoutRoot は、すべてのページ コンテンツが配置されるルート グリッドです-->
<Grid x:Name="LayoutRoot" Background="Transparent">
    <Grid.RowDefinitions>
        <RowDefinition Height="Auto"/>
        <RowDefinition Height="*"/>
    </Grid.RowDefinitions>

    <!--TitlePanel は、アプリケーション名とページ タイトルを格納します-->
    <StackPanel x:Name="TitlePanel" Grid.Row="0" Margin="12,17,0,28">
        <TextBlock x:Name="ApplicationTitle" Text="マイ アプリケーション" Style="{StaticResource PhoneTextNormalStyle}"/>
        <TextBlock x:Name="PageTitle" Text="ページ名" Margin="9,-7,0,0" Style="{StaticResource PhoneTextTitle1Style}"/>
    </StackPanel>

    <!--ContentPanel - 追加コンテンツをここに入力します-->
    <Grid x:Name="ContentPanel" Grid.Row="1" Margin="15,183,9,12">
        <Grid.ColumnDefinitions>
            <ColumnDefinition Width="239*" />
            <ColumnDefinition Width="217*" />
        </Grid.ColumnDefinitions>
        <phone:WebBrowser HorizontalAlignment="Left" Margin="6,6,0,0" Name="webBrowser1" VerticalAlignment="Top" Height="514" Width="444" Grid.ColumnSpan="2" />
    </Grid>
    <TextBox Grid.RowSpan="2" Height="73" HorizontalAlignment="Left" Margin="0,139,0,0" Name="textBox1" Text="" VerticalAlignment="Top" Width="460" />
    <Button Content="表示" Grid.Row="1" Height="72" HorizontalAlignment="Left" Margin="145,57,0,0" Name="button1" VerticalAlignment="Top" Width="160" Click="button1_Click" />
</Grid>

22行目でTextBoxを、23行目でButtonを追加しています。

また、ButtonにはClickイベント発生時にbutton1_Clickというメソッドが実行されるようにClick属性を設定しています。

次はbutton1_Clickメソッドの中身を実装していきましょう。

下記はTextBoxに入力されたUrlをWebBrowserコントロールで表示させるサンプルです。

public partial class MainPage : PhoneApplicationPage
{
    // コンストラクター
    public MainPage()
    {
        InitializeComponent();
    }

    private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        string site = textBox1.Text;
        webBrowser1.Navigate(new Uri(site, UriKind.Absolute));
    }
}

12行目にてWebBrowserコントロールのNavigateメソッドを使用して入力されたURLのWebサイトを表示させています。

引数にはUriクラスのオブジェクトを指定します。

試しにhttp://techbooster.orgと入力してButtonを押下すると以下のような画面が表示されます。

JavaScriptを動作させる

ここまでで、Webサイトを表示することができましたが、この状態ではJavaScriptが動作しません。

techboosterのトップページを表示させてみるとよくわかると思いますが、真ん中の部分が読み込み中のままとなっています。

JavaScriptを動作させたい場合はWebBrowserコントロールのIsScriptEnabledプロパティにtrueを設定する必要があります。

このプロパティのデフォルト値はfalseとなっているため、JavaScriptが動作しません。

下記は画面読み込み時にIsScriptEnabledプロパティの値をtrueにし、JavaScriptを動作できるようにするサンプルです。

public partial class MainPage : PhoneApplicationPage
{
    // コンストラクター
    public MainPage()
    {
        InitializeComponent();
    }

    private void button1_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        string site = textBox1.Text;
        webBrowser1.Navigate(new Uri(site, UriKind.Absolute));
    }

    private void LayoutRoot_Loaded(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        webBrowser1.IsScriptEnabled = true;
    }
}

17行目にて、IsScriptEnabledプロパティの値をtrueにして、JavaScriptが動作するようにしています。

ではもう一度techboosterのトップページを表示させてみましょう。

下記のように読み込み中であった部分が正常に読み込まれます。


関連する記事: