ブラウザ上で図形を描画する


HTML5ではブラウザ上に図形を描画することができるようになりました。
図形の描画にはCanvas APIと呼ばれる機能を利用します。
Canvas APIを使うことで図形のほかアニメーションなどの描画も可能になります。

手順は以下のようになります。

  • 1. canvas要素で定義したノードを取得する
  • 2. 1で取得したノードから実際に描画を行う2Dコンテキストを取得する
  • 3. 2で取得した2Dコンテキスト内のメソッドやプロパティを利用して描画を行う

詳細は続きからどうぞ。

描画を行う基本的な動作

描画の対象になる領域はcanvas要素を使ってHTML文書上に定義します。

<canvas id="sample" width="300" height="400"></canvas>

上記のようにcanvas要素にはwidth、heigth属性を使ってサイズを指定することができます。

[table “104” not found /]

また、idを付与してJavaScriptから操作できるようにします。

2Dコンテキスト

実際にブラウザ上で描画を行うには、canvas要素から2Dコンテキストと呼ばれる
オブジェクトを取得する必要があります。
以下のように、getElementByIdメソッドでcanvas要素のオブジェクトを取得し、
更にgetContextメソッドで2Dコンテキストを取得します。

var canvas = document.getElementById("sample");
var context = canvas.getContext("2d");

四角形を描画する

2Dコンテキストを取得したらあとは実際に図形を描画するだけです。
今回は例としてCanvas上に四角形を描画してみます。

四角形を描画するメソッドは以下のものがあります。

[table “105” not found /]

以下のサンプルはボタンを押したら上記のメソッドを実行し、四角形を重ねて描画します。

■canvas1.html

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Canvas API Sample</title>
<script language="javascript" type="text/javascript">
function load() {
   var canvas = document.getElementById("sample");
   var context = canvas.getContext("2d");
   context.fillRect(20,20,200,200);
   context.clearRect(40,40,100,100);
}
</script>
</head>
<body>

<canvas id="sample" style="border:1px solid;" width="300" height="300"></canvas>
<input type="button" value="draw" onclick="load()">

</body>
</html>

以上でブラウザ上に四角形を描画することができました。
四角形以外の図形を描画する場合も、冒頭で紹介した2Dコンテキストを使う手順は同じですので、
今回の内容はしっかりと理解しておくと良いでしょう。

次回は図形に色やグラデーションを付ける方法について紹介します。

関連する記事:

No Comments