astah* communityを使ってAndroidアプリケーションの設計を行う


クラス図、ユースケース図、シーケンス図などを記述できる無料のUMLモデリングツール「astah* community」にAndroid用のテンプレートが公開されました。

※astah*のテンプレートとは、デフォルトでいくつかのクラスなどが存在しているものです

UML自体はツールのため、これを用いると「良い設計ができるようになる!」といったものではないです。しかし、図で記述することで分かり易くなるということや、UMLは世界標準の記述言語であること(=複数人で開発する際に共通のコミュニケーションの手法になり得る)など利点があります。

今回はastah* communityとAndroid用テンプレートを使ったアプリケーションの設計を紹介します。

それでは続きへどうぞ

astah* communityのインストール

astah* communityはJavaで書かれており、でWindows、Mac、Linuxに対応しています。
ダウンロードはこちらからできます。
http://astah.change-vision.com/ja/product/astah-community.html
※2012/1/29現在のバージョンは6.5.1

Android用テンプレートのインストール

ダウンロードはこちらからできます。含まれているクラスはAndroid4.0.3(APIレベル15)に対応しています。
http://astah-users.change-vision.com/public/template/android-15.asta

ダウンロードしたファイル(android-15.asta)をastah* communityのインストールフォルダ/template/project/に配置します。

これで [ファイル]-[テンプレートからプロジェクトの新規作成]からAndroid用のテンプレートを選択できるようになります。

Android用テンプレートを使ってクラス図を作成する

それではastah* communityでAndroidアプリケーションのクラス図を作成してみましょう。

起動して [ファイル]-[テンプレートからプロジェクトの新規作成]からAndroid用のテンプレートを選択します。

選択するとAndroid SDKのクラス群が左に表示されます。

早速クラス図を書いてみましょう。メニューの図から「クラス図」を選択します。

クラス図を書くウインドウが開くので、クラスのアイコン(図中の赤丸)を選択して新しいクラスを追加します。ここではMainActivityという名前にしてみます。

MainActivityはActivityを継承したクラスなのでそれをクラス図で示したい時はActivityクラスを新たに追加する必要があります。

ここでテンプレートが活用出来ます。Android用テンプレートにはSDK内のクラスが既に追加されているため、自分で新たに追加する必要がありません。

もちろんWidgetやリスナーなどのクラスも準備されています。

こうしてクラス図を書いた後は同じくastah*でシーケンス図やステートマシン図など動的な側面の設計も行うことができます。

astah*の詳細な使い方は公式サイトの操作ガイドを参照してください。

無料ですが十分実用的なUMLモデリングツールなので活用してみては如何でしょうか?

※astah*には有料のものもあり無料との差分はこちらのページに一覧があります。

関連する記事: