ウェアラブル向けのAndroid Wearリリース 開発者プレビューSDKが公開


Googleは3/18(日本時間3/19)にスマートウォッチ、ウェアラブル向けのAndroid Wearを公開しました。Android WearはAndroidを拡張した情報端末で、当初のターゲットとしてスマートウォッチを想定、スマートフォン(Android)との親和性が考慮されており、Androidからはチャット、ショッピング、ニュース、写真、ノーティフィケーション(通知)が受け取れるようになります。

Android Wear   Android Developers

音声認識も搭載しており、おなじみの”OK, Google”から始めることで自然言語検索もサポート。音楽の再生やChromeCastでの動画再生などさまざまな操作をスマートウォッチ経由で行うなど(スマートフォンの画面以外にも情報端末がある)マルチスクリーンを目指したプラットフォームです。Android Wear搭載OS第1弾としてLGとMotorolaから発売されます。

詳細はこちらから

http://developer.android.com/wear/index.html

Android Wear   Android Developers2

また同時に開発者向けプレビューも開始されており、SDKが公開されました。エミュレータ経由でAndroid Wearアプリを開発できます。紹介動画「DevBytes – Android Wear: Developer Preview」はこちらから

SDKで提供される機能はAndroidアプリからの情報提供、操作、通知API等で通知インターフェイスに特化しています。TechBoosterでは今後もAndroid Wear SDK情報を提供していきます。

関連する記事: