バイブレーションを使う


今回はバイブレーションの使い方について紹介します。
デバイスのバイブレーションを使うにはandroid.os.Vibratorクラスを使います。

用意されているメソッドは以下の3つです。

void vibrate(long milliseconds)
引数で指定した時間だけバイブレーションをONにします。時間の単位はミリ秒です。

void vibrate(long[] pattern, int repeat)
1つ目の引数にバイブレーションのパターン、2つ目の引数にリピートの指定します。
バイブレーションのパターンはlong型の配列にバイブレーションがONになるまでの時間と
バイブレーションがOFFになるまでの時間を交互に指定します。時間の単位はミリ秒です。

void cancel()
バイブレーションをOFFにします。

それでは続きでサンプルコードを紹介します。

まず、バイブレーション機能のパーミッションをマニフェストファイルに追記します。

<uses-permission android:name="android.permission.VIBRATE"/>

続いてソースコードです。バイブレーションを
1000ミリ秒OFF→500ミリ秒ON→3000ミリ秒OFF→500ミリ秒ON→1000ミリ秒OFF→500ミリ秒ON
というパターンで動作させたい場合は以下のようなコードになります。

long pattern[] = {1000, 500, 3000, 500, 1000, 500}; // 1000ミリ秒OFF→500ミリ秒ON→3000ミリ秒OFF→500ミリ秒ON→1000ミリ秒OFF→500ミリ秒ON
((Vibrator) getSystemService(VIBRATOR_SERVICE)).vibrate(pattern, -1); // 定義したパターン・リピートなしでバイブレーション開始

関連する記事:

No Comments