Google Maps API Keyを取得する


Androidでは、Google Mapを利用したアプリケーションを作成することが可能です。

Google Mapを利用するためには、Google Map API Keyを取得する必要があります。

今回は、Google Mapを利用する際に必要となってくる、Google Maps API Keyを取得する方法をご説明します。

では、続きをどうぞ。

MD5の取得

まず、JAVAの電子署名であるMD5を取得します。

eclipseを起動しましょう。

eclipseが起動したら、[ウィンドウ]→[設定]を選択し、

ダイアログ画面が表示されたら[Android]→[Build]画面を表示します。

次に、KeyToolを実行します。コマンドプロンプトから、以下を実行してください。

$ keytool  /list  /keystore  “<(上図下線部)のパス>”

keytoolへのパスが通っていない場合は、以下のコマンドを実行します。

$ “C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_14\bin\keytool.exe”  –list  -keystore  “<(上図下線部)のパス>”

実行後、プロンプト上に、以下のように表示されます。

※パスワード(一行目)は入力せず、Enterで構いません。

「証明書のフィンガープリント (MD5):」以降の値がMD5となります。

Google Map API Key の取得

では、取得したMD5から、API Keyを取得します。

次のURLにアクセスしましょう。

http://code.google.com/intl/ja/android/maps-api-signup.html

チェックボックス(同意書)に同意し、「My certificate’s MD5 fingerprint: 」のテキストボックスに、先ほど取得したMD5 フィンガープリントの値を入力します。

「Generate API Key」ボタンを押下すれば、API Keyの取得は完了です。

取得したAPI Keyは、MapViewの生成時に使用します。以下のように記述します。


MapView mapView = new MapView(this, “<API Key>”);

AVDの作成

Google Mapを利用する場合は、Project Build Target (以後PBT)のAPIレベルと、APIレベルを一致させたAVDを利用する必要があります。

プロジェクトで右クリック→[プロパティー]でPBTを確認、変更しましょう。ここでは Google APIs を選択します。

[ウィンドウ]→[Android SDK and AVD Manager]→[NEW]を選択し、以下のダイアログを表示させたら、

PBTと同じAPIを選択しましょう。

後はCreate AVDボタンを押せば完了です。

今回は、Google Mapを利用したアプリを作成するための下準備として、Google Maps API Keyの取得方法と、AVDの作成について説明しました。

具体的な実装方法は、次回以降でご説明したいと思います。

関連する記事:

No Comments