アクションバーを上下に表示する


アクションバーはAndroid3.0(Honeycomb)で導入された、タイトルバーにMENUやタブ、検索ウィジェットなど、
表示中の画面で操作できることを可視化するための領域です。

Android4.0(ICS)のバージョンアップでは、タブレット端末、携帯端末のどちらにも対応するため、
アクションバーの表示方法が拡張されました。

以下二つのスクリーンショットの様に、
画面解像度の広いタブレット端末の場合は上部にMenuItemを表示し、解像度の狭い携帯端末の場合には下部にMenuItemを表示するよう、アクションバーを上下に分ける事ができます。
本エントリでは、アクションバーを画面下部にも表示する方法を紹介します。

TechBoosterで過去紹介した、ActionBarに関連する記事はこちらです。
使用方法のおさらいなどにご利用くださいませ。

ActionBarにMENUを表示する
ActionBarのタブを利用する
ActionBarに共有履歴を表示する
ActionProviderを使用してMenuItemの処理を共通化する

詳細な使用方法は、つづきをどうぞ。

Split Action Barを使用する

上部で紹介した、下部のActionBarにMenuItemを表示するActionBarはSplit Action Barと呼ばれます。
Split Action Barの使用方法は、AndoridManifestに以下のフラグを指定するだけです。

[table “110” not found /]

具体的な実装コードは以下を参照してください。
10行目にて、splitActionBarWheNarrowを指定しています。

<uses-sdk android:minSdkVersion="14" />

<application
android:icon="@drawable/ic_launcher"
android:label="@string/app_name" >
<!-- andorid:uiOptions="splitActionBarWhenNarrow"を指定する。 -->
<activity
android:label="@string/app_name"
android:name=".ActionBarSampleActivity"
android:uiOptions="splitActionBarWhenNarrow">
<intent-filter >
<action android:name="android.intent.action.MAIN" />

<category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
</intent-filter>
</activity>
</application>

android:uiOptions=”splitActionBarWhenNarrow”のフラグを指定しておけば、
タブレット端末かスマートフォン端末かの判別は自動でされます。
Split Action Barを利用すると、下部にMenuItemが表示されるため、ユーザに解りやすいUIを提供できると思います。
ただし、スマートフォン端末の場合には画面表示領域が限られていますので、ご利用は計画的に!

関連する記事: